要チェック!最近の太陽光発電事情と投資ファンドの仕組み

太陽光発電事情について

近年広大な農地が跡取りがいなくて土地が不毛化したり、本来収入が得られるはずだったものが収入がなくなり地主が困窮しています。また、マンションや商業施設や工場があった広大な土地でも同様の事情があり、老朽化で建て替えなどの目途が立たず土地が余っている状態があります。これを有効活用してお金を生むように考えたのが太陽光発電です。広大な敷地に太陽光発電のパネルを敷き詰めると大量の電力を生むことができます。これを売ることによってお金を稼ぐというシステムです。機器もうまくいけば10年以上の耐用年数がありますのでニーズがあります。個人では、ノウハウがないと運営できないので投資のプロが事業を代行しているのが現状です。

投資ファンドの仕組み

考え方はシンプルです。オーナーが太陽光発電の付いた土地を所有してそこで生まれた電力を売ることで儲けるという仕組みです。日当たり良好な土地であったり、災害に強い土地であったりといろいろな観点から物件を選択しなければなりません。リスクとしては、曇りが続く日照不足で発電量が低下していることであったり、落石や土砂崩れなどでソーラーパネルが損失することです。投資ファンドを選択するにあたっては、投資ファンドによってはある程度のメンテナンスは対応してくれるなどの処置がありますのでアフターケアが充実しているかが重要です。また、発電量をわかりやすくデータ化されることによって投資家が選べる環境が整っているかがポイントです。

© Copyright Using Photovoltaics. All Rights Reserved.