今すぐチェック!太陽光発電の投資ファンドの仕組み

太陽光発電投資は環境に優しくリスクが少ない

太陽光発電は火を燃やさないので空気が汚れない、電気を作るためのエネルギーは太陽光であり、無限に存在する再生可能エネルギーなど、太陽光発電には色々なメリットがありますよね、
太陽光発電を使った投資は、数ある投資の中でも損失が起きるなどのリスクが低いので太陽光発電投資を考える人も多いと言えましょう。
しかし、太陽光発電で投資を行うためには発電システムを導入しなければなりません。
住宅の屋根に取り付けられるソーラーパネルの数は限りがあり、余剰電力買い取りは可能でも全量買い取り制度を利用出来るほどの規模にはならない、自宅はマンションなのでソーラーパネルを取りけられないなど、太陽光発電で投資をしたくても出来ないケースがあります。

誰もが投資に使える方法が太陽光分譲ファンドです

太陽光発電分譲ファンドは、出資金を市民から募り、大型太陽光発電所を建設する方法です。
一般的に知られている太陽光発電投資は自らが設備を導入する、設備を設置するための土地が必要になります。しかも、全量買い取りの場合にはメガソーラ―と呼ばれている、発電装置の総出力量が10kwを超えている必要があります。
太陽光発電分譲ファンドは出資を行う事で、発電事業を担う合同会社が設立され、発電した電力は全量買い取りが可能になります。
発電した電力は電力会社に売電が行われ、合同会社は収益を得られるようになります。
出資者は出資金の額に応じた分配を受ける事が出来る、設備を自ら導入する、土地を探すなどをせずにクリーンエネルギーを使う太陽光発電に投資が出来るのです。

© Copyright Using Photovoltaics. All Rights Reserved.